ミノキシジルとは

ミノキシジルとは

現在では、薄毛や抜け毛を予防したり、対策する商品が販売されています。
そんな数多くある商品の中でも、ミノキシジルが含まれている育毛剤に注目が集まっています。

ミノキシジルは、外用発毛剤「リアップ」に含まれている発毛成分として有名になりました。
1970年代後半には、アメリカで経口血圧降下剤として発売されていた商品に含まれていました。
ミノキシジルは、ある治療による副作用によって生まれた商品です。その副作用の多毛症に注目し、開発が進み、商品化に至りました。

ミノキシジルの効果をさらに高めるのが、フィナステリドとの併用使用となっています。
医療関係者も、口を揃えてミノキシジルとフィナステリドの併用で最も期待ができると発表しています。 そのくらい、これまでの有効成分と比べて高い効果が期待できる発毛成分となっています。

それぞれの使用方法を説明していきます。
ミノキシジルは、この成分が含まれている育毛剤を直接髪へ塗布することで、発毛を促進する効果があります。 フィナステリドは飲み薬ですので、服用することで体内から髪に働きかけます。 体内で起こっている、抜け毛や薄毛の原因を無くしてくれる効果があります。

ミノキシジルは外から、フィナステリドは中から、育毛、発毛を促進していきます。
今では多くの人が実際に使用し、高い発毛効果を実感しています。

一方で、ミノキシジルは大量に使うことで低血圧の原因になる可能性が指摘されているため、早く発毛効果を実感したいからといってミノキシジルが含まれた育毛剤を必要以上に多く使うと、何らかの副作用が起こる可能性があります。

一般の育毛成分よりも効果が期待できる反面、使い方によっては危険も伴うので、使用する際は必ず使用上の注意を良く読み、異変を感じた際はすぐに使用を中止し、医師の診断を受ける様にしてください。

→薄毛と抜け毛の予防、発毛・脱毛成分のまとめガイドトップページへ