ジヒドロテストステロンとは

ジヒドロテストステロンとは

ほとんどの人の薄毛や抜け毛、ハゲなどの原因は、AGAと呼ばれている男性型脱毛症という事がわかっています。

なぜ、AGAは起こるのでしょうか。
その原因をチェックして、今後の為にしっかりと予防・対策をしていきましょう。

今回は、AGAを引き起こす原因となっている、ジヒドロテストステロン(DHT)について紹介していきたいと思います。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンの一種となっています。
ジヒドロテストステロンが体内で分泌されると、必要以上に皮脂を分泌してしまうのです。
頭皮に皮脂を大量に分泌された結果、毛穴が塞がってしまいます。
そうなってしまうと、髪の毛は成長しにくくなり、結果的に薄毛が進行することになります。

頭皮を畑と考え、髪の毛を食物だと考えてみましょう。
皮脂は土です。

ある程度の土は必要ですが、必要以上の量になってしまうと植物の成長を妨げてしまい、最終的には成長せず枯れてしまいます。
同じ様に、ジヒドロテストステロンが皮脂を大量に分泌し続ける事で髪の毛の成長がストップし、どんどん抜け落ちてしまうのです。
ジヒドロテストステロンが作用すると、薄毛を始めとし、体毛の増加、精力減退、前立腺肥大の原因になるということもわかっています。

また、ジヒドロテストステロンは男性の精巣でつくられているので、女性には関係ないように感じている人も多いもしれませんが、AGAの原因は何もジヒドロテストステロンだけではありません。
女性でもAGAにかかる人は多くいます。

最近ではAGAに悩む女性も増えてきていますので、もし年齢的にまだ若いのに薄毛が気になるという場合は、一度医師に相談してみることをおすすめします。

→薄毛と抜け毛の予防、発毛・脱毛成分のまとめガイドトップページへ